検索
  • fasorka

すとらてじー

お教室紹介サイトの担当者さんからメールをいただくことがあります。「ぜひ当サイトにて紹介させてください♪お値段は・・・」や「サイトにて紹介させていただいております。さらに集客アップのためには登録を♪お値段はこちら・・・」といった感じです。一歩踏み外したら詐欺ですね。訴訟費用は用意しておこうと思っています。笑


とほほ・・と苦笑いしながら削除するわけですが、今朝は某有名雑誌を名乗るところから来ていました。本物かどうかを確認する時間も労力もおしいのでしませんが、


ご挨拶を兼ねて取材をさせていただきます。場所は・・・(都心)

生涯、「◯◯」に掲載されました!と宣伝に使っていただけます・・・

お値段はかなりお安くさせていただいております(数十万円)・・・


とのことで、SNS全盛時代に、よりによって雑誌!と驚いたのと同時に、出版業界も生き残りをかけて戦略を練っているんだなあと思いました。


町の小さなお教室で、かわいい生徒さんたちと、お父さんお母さんたちと、山あり谷あり、長い時間をかけて信頼関係を作りながら、一緒にこどもたちの成長を楽しみにしている親戚のおばちゃんみたいな気分でおりますので、全国規模の野心と資金はありませんのよ。


一般人からの広告料収入を得ようとは!時代も変わったものです。変わり続ける時代の流れに、おばちゃんもぼけていらんないわねぇ・・・ほほほほ。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

長島大榎公園(世田谷区経堂)

我がファソラピアノ教室の近くに「長島大榎公園」という小さな公園があります。こどもたちは「ながしまこうえん」とか「ながしま」と呼んで親しんでおりますが、ピアノの生徒さんたちも、レッスン帰りにブランコしに行ったり、お母さんお父さんとの待ち合わせに利用されたりしています。 今の場所に家を建てるため、半年から一年かけてさまざまな土地を見てまわりました(ドラゴンクエストのように家族4人でぞろぞろと冒険の旅)

カッチーニの(じゃない)アヴェ・マリア

先日「左手のピアニストのための世界初となるコンクール」を取材した番組で、とある男の子が「カッチーニのアヴェ・マリア」を弾いていて、高齢者施設での演奏風景なども含めてものすごく心を打たれました。歌は聴いたことがあったけど、ピアノ版も物凄く綺麗、私も弾いてみたい、とすぐに楽譜を取り寄せました。選んだのは、吉松隆さんの編曲した「アヴェ・マリア/子守唄」という楽譜で(注:両手用です)、吉松さんらしいシンプ

ベートーヴェンはかっこいい

2020年の12月は、あのベートーヴェンが生まれて250年の記念月です。 「ジャジャジャ ジャーン!」でおなじみ「運命」とか、年末恒例「第九」、好きだった既婚女性を想って書いたという「エリーゼのために」など、いまだに不動の人気を誇る作曲家ですよね。 30歳くらいで完全に聴力を失ったのに、複雑なオーケストレーションの交響曲をどうやって書いたんだろう?ピアノソナタだって後期は「すごいこと」になっている